大西人形本店

只今の展示品

小さなお雛さま

小さなお雛さま

小さな小さなお雛さま。草木染の木目込雛です。お客様宅での飾り方のサンプルです。

小さな立雛

小さな立雛

これも小さな立雛です。手作りの木の台に、これも木をけずってこしらえた花瓶を添えて。正絹裂地の伝統工芸品です。

博多人形

博多人形

博多人形の名品。慈愛に満ちた母のまなざしが愛児にそそがれるようすが美しく描かれています。

お雛さま

お雛さま

古典的であり、かつ、斬新なお雛さまです。飾り方でさまざまな表情をみせてくれます。お客様のお飾りいただく場所に合わせてコーデイネートいたします。

おぼこ雛

おぼこ雛

京雛のおぼこ雛。お顔の「かわいらしさ」は、ともすれば「稚拙」と紙一重ですが、お雛さまにはこのように「品格」が伴っていなければなりません。名品です。

おぼこ雛

おぼこ雛

同、男雛です。後ろには、きちんと表装した上に手描きで花の描かれた屏風がよく似合います。

かさねの色目

かさねの色目

雛人形の美しさの要素のひとつに、袖の「かさねの色目」があります。平安時代におびただしい組合せが生み出され、現代のファッションのバイブルともなっています。~色々襲~(いろいろがさね)

かさねの色目

かさねの色目

雛人形の美しさの要素のひとつに、袖の「かさねの色目」があります。平安時代におびただしい組合せが生み出され、現代のファッションのバイブルともなっています。~蘇芳の匂い襲~(すおうのにおいがさね)

かさねの色目

かさねの色目

雛人形の美しさの要素のひとつに、袖の「かさねの色目」があります。平安時代におびただしい組合せが生み出され、現代のファッションのバイブルともなっています。~紅梅の匂い襲~(こうばいのにおいがさね)

重陽

重陽

名品「重陽」。

お雛さま

お雛さま

ある展示場様で飾らせていただいた画像です。飾る場所、お手持ちのお道具類など、考え合わせてお揃えします。男雛の黒は有職雛の典型的な装束です。

立雛

立雛

次郎左衞門雛の立雛。江戸時代に考案されたお雛さまのひとつです。愛らしい表情ですが、高い気品の備わった名品です。

三人官女と貝合せ

三人官女と貝合せ

女の子のあこがれる官女さんです。小さな貝合せは桑名のハマグリに純金箔を押し、手描きで四季の花が描かれています。すべてばら売りをしています。

雛人形

雛人形

美しい雛人形が勢揃いしました。見ているだけでも楽しくなります。

雛人形

雛人形

ひょっとしたら現在、最高の雛飾りではないかと思うお雛さま。人形だけでなく、屏風、桜橘、雪洞、雛道具も・・脇の貝桶は本漆仕上げ、正絹組紐の逸品です。

木目込人形

木目込人形

木目込人形も勢揃い。良いものお早めに!

木目込人形と立雛

木目込人形と立雛

木目込や珍しい次郎左衞門の立雛。三人官女も自由に選べます。

お内裏様

お内裏様

おびただしい種類のお内裏様。お好きなお内裏様でご要望に合わせセットすることもできます。

三人官女

三人官女

三人官女もお内裏様に合わせてお選びいただけます。選ぶのも楽しみのうち!

美しいお雛様

美しいお雛様

屏風、桜橘、雪洞、雛道具も伝統的なもので・・ 「品格」を揃えるとこんなに調和のとれた美しいことになります。

初代・川瀬健山

初代・川瀬健山

当店にしかない初代・川瀬健山の桐塑でできたお顔のお雛さま。好き嫌いを超越した絶品です。お膳の中にはお箸まで揃っています。雛祭りにはお椀にお供えを盛ってあげましょう!

貝合せや犬筥

貝合せや犬筥

雛祭りを盛り上げる小さくて可愛い飾り物もいっぱい!全部手づくりです。

貝合せ

貝合せ

桑名のハマグリに純金箔を押し、手描きで殿・姫が描かれています。初節句のお祝いにも最適です。

京雛・官女付

京雛・官女付

上質な装束はどなたが見てもわかります。日本画家が描いた手描きの桜の屏風に小ぶりな官女、小さな犬筥を添えて。

親王飾り

親王飾り

幅60cmほどの台で。小さいけれど姿の美しさを損なっていません。

衣裳着立雛

衣裳着立雛

平安絵巻のようなお雛さま。
特筆すべきは自然な立ち姿の美しさです。装束のかさね方にも素晴らしい工夫と美意識が感じられます。

木目込親王飾り

木目込親王飾り

立雛でも屏風や短檠などを添えると格調高い雛飾りになります。美しい姿と装束の質感が大切です。

京雛

京雛

かなり上質な雛揃いです。
ちゃんとした屏風、ちゃんとした雪洞、桜橘、雛道具で揃えるとこんな素敵なお雛さまになります。

女雛り

女雛

京雛の姫。緑の単は「ひねり」といって端をこよりのように丸めます。下着から唐衣、裳まで絹織物でできている極めて希少なお雛さまです。

木目込 立雛

木目込 立雛

シンプルで上品な立雛。お雛さまの発祥はこうした立雛でした。

木目込 立雛

木目込 立雛

立雛でも屏風や短檠などを添えると格調高い雛飾りになります。美しい姿と装束の質感が大切です。

親王台

親王台

男雛女雛の載る台を親王台といいます。当店ではほとんどこの「いぐさ」を使った本畳面を使います。近年は樹脂などを使ったものが大半で、特別に作ってもらわねばなりません。

桜橘

桜橘

お雛さまの脇に飾ります。
日本製が少なくなりましたが、良質な物は絹を用い、ぼかし染め、つぼみや開いた花など何種類も用い、茎には細い絹糸が巻いてあります。日本の誇る造花の技術です。

雪洞(ぼんぼり)

雪洞(ぼんぼり)

よいお雛さまにはよいお道具が必要です。木製は当然、塗装も美しい仕上げです。火袋は絹張りで、手描きの絵、台は菊の花を象った菊灯でないといけません。

雛道具

雛道具

黒く塗装してあれば「漆塗」と思われるお客様や業者もありますが、漆塗の道具は滅多にありません。これは八角の貝桶で漆仕上げ、紐も手組みの絹製品です。

手

よく「木手」と言って木製の手足が高級品のうたい文句にされるお店がありますが、木の手はそんなに特別な物でもありません。高級品にはこのような、針金を芯に胡粉を塗り重ねて彫刻したものが用いられます。

官女

官女

女の子の大好きな三人官女。
美しい立ち姿に長い研鑽の成果が見られます。

屏風

屏風

屏風とは表具師が表装したものを指します。ベニヤやボードをチョウツガイで留めたものと違い、専門の技術職がこしらえます。人形やお部屋を上品に引き立てます。